ツークシュピッツェ氷河でハイキング

永遠の氷の世界への小旅行

標高2,600メートルに位置するツークシュピッツェ氷河に到着したら、時間の感覚が変わってしまうかもしれません。ここでは夏の盛りの時期でも、自然の強大な力を感じ、風、岩壁、雪、太陽が数千年の時間をかけて形成してきた山岳風景を目の当たりにすることができます。インタラクティブな氷河・登山鉄道ガイド「GletschErlebnisWeg」、天然雪の上でのソリ遊びコース、ドイツで最も標高の高い場所にある礼拝堂、お子様も楽しめるAlpinParkを擁するツークシュピッツェでの充実した一日は、まるで矢のように過ぎ去ってしまうでしょう。自然の中で多くを体験した後は、まずはパワーアップが必要になります。ツークシュピッツェでは美味しい食事や飲み物も楽しめます。お腹をすかした山頂登山者の方々は、新しく開店した「パノラマ2962(Panorama 2962)」で、そしてまたツークシュピッツプラットでも大自然の眺めを楽しみながら食を楽しめます。